ひまわり放課後等デイサービス
すべての人の「幸せ」をあたりまえに ひまわりへようこそ!

常陸太田市で放課後等デイサービスを行っているひまわりです。

運営母体は障がい者支援のほとんどを網羅している社会福祉法人朋友会です。

おかげさまで地域社会におけるご信頼をいただいています。

厚生労働省が定める「放課後等デイサービスガイドライン」に則って運営し、更には豊富な育成経験を活かして、お子様の成長に欠かせない指導を日々行っています。

具体的には活動内容をご覧ください


ひまわりからのお知らせ

放課後等デイサービスとは?

放課後等デイサービスとは、2012年4月に定められた児童福祉法としての事業です。
障がいのある、主に6歳~18歳の就学児童・生徒(小学生・中学生・高校生)が、学校の授業終了後や長期休暇中などに通う施設です。学校外で集団生活を行う機会や居場所をつくり、障がいのある子どもたちを持つ家庭を支えるために創設され、障がい児の学童保育とも表現されます。
従来は障害の種別に分かれ、未就学児と就学児が共に通う形態でしたが、2012年に児童福祉法などの改正があり、未就学児のための「児童発達支援」と就学児のための「放課後等デイサービス」とに分かれ、障がいの種類に関わらず共通のサービスが受けられるようになりました。

1.子供の最善の利益の保障

支援を必要とする障害のある子供に対して、学校や家庭とは異なる時間、空間、人、体験等を通じて、個々の子供の状況に応じた発達支援を行うことにより、子供の最善の利益の保障と健全な育成を図るもの。

2.共生社会の実現に向けた後方支援

子供の地域社会への参加・包容を勧めるため、他の子供を含めた集団の中での育ちを出来るだけ保障する。
専門的な知識・経験に基づきバックアップする「後方支援」としての位置づけを踏まえつつ、必要に応じて放課後児童クラブ等との連携を図りながら、適切な事業運営を行う。

3.保護者支援

具体的には
子育ての悩み等に対する相談
家庭内での養育についても支援
保護者の時間の確保

※厚生労働省が定める放課後等デイサービスガイドラインからの抜粋


放課後デイ利用の対象

常陸太田市及び隣接している市町村に在住している福祉サービスの受給者証を交付されている小学校1年生から高校3年生までの児童。
※上記以外の方の場合もお気軽にご相談下さい。

利用に際して療育手帳や身体障害者手帳は必須ではありません。学習障害等の児童も、医師からの診断等により利用することが可能です。


ひまわり放課後デイ基本方針
  1. ご家庭・学校との情報交換を大切に。
    様々な体験を通して社会性・生活力の向上をサポートします。
  2. ご本人・ご家族の希望に合わせた対応を目指すと共に、安心してご利用いただけるように努めてまいります。

ひまわり放課後等デイサービス開所時間

【平日】学校終了時から19時まで。
【土曜日・休校日】9時から15時30分まで。
※日曜日や年末年始、ひまわりが休みの場合はお休みとさせていただきます。